FLAP YARDとは

FLAP YARD ( フラップヤード )のホームページへようこそ!
私たちは足立区扇の静かな住宅地で0~18歳までの重症心身障がい児の通園施設「療育室つばさ」と障がい児相談支援事業「相談室とまりぎ」を運営しています。
保育、福祉、看護、リハビリテーションの専門家を配置し、重度の障がいを持った子どもたちへのコミュニケーション支援、社会性支援を実践しています。
また、兄弟や両親をはじめとした家族の生活に寄り添うことで、誰一人として取り残されることのない地域社会を創っています。

障がいのある子どもと、ない子どもが一緒に遊ぶ「統合保育」活動にも力を入れています。地域の方々やFLAP YARDの見学・ご利用を検討されている方も、ぜひホームページご覧の上でお気軽にお問い合わせください。

児童発達支援事業

[ 0〜6歳児のお子様対象 ]
活動時間は9:00~16:00、個別対応となります。FLAP YARD(療育室つばさ)では個別支援計画に基づき、乳幼児期における認知機能及び身体機能の発達を、遊びを通じて提供します。主に並行遊びとなりますが、社会性向上のため地域の子どもたちとの交流やグループでの外出もあります。

※ 昼食の提供あり。
※ ご自宅までの送迎付き。

くわしい活動内容はコチラ
放課後等デイサービス

[ 7〜18歳のお子様対象 ]
活動時間は平日14:00~18:00、休日及び休校日9:00~16:00、個別対応となります。FLAP YARD(療育室つばさ)では個別支援計画に基づき、青年期へ移行する段階において、実年齢、発達年齢に応じ社会性豊かな人格が形成されるよう活動内容と環境を設定。友達同士で誰にも縛られない自由な放課後の時間を提供します。

※ 食事、おやつの提供あり。
※ 各学校及びご自宅までの送迎付き。

くわしい活動内容はコチラ
障がい児相談支援事業

[ 0~18歳までのお子様対象 ]
0〜18歳までの障がい児に対し、相談支援専門員が障がい児支援利用計画を作成します。お子様の成長やご家族、ご兄弟の状況等に合わせ、適切なサービスを受けられる社会資源をご紹介します。
 
計画作成後も利用中のサービス提供事業者及び関係機関と連携を取り、随時お子様とご家族の状態と希望に沿ったサービス内容であるかを見直します。

くわしい支援内容はコチラ

皆さんに知って欲しい、FLAP YARDのこと

私たちFLAP YARD ( 療育室つばさ・相談室とまりぎ ) は、ふたつの基本理念を掲げて活動しています。
まず、障がいの有無に関わらず、全ての子どもに平等な発達の機会を与えられる社会をつくること。
そして、お子さんに障がいがあっても、その家族が休養をとること、精神的なケアを受けること、就労することの自由が約束された社会をつくること。

こうした社会づくりは私たちの手だけでは実現できません。
あたたかく見守ってくださるFLAP YARD周辺の地域住民の方々、交流活動にご協力いただける周辺施設の方々、志を同じくする児童施設の皆さん、私たちと一緒に働いてくれる看護・介護・保育に従事する皆さん。すべての方にFLAP YARDの活動を知っていただき、共に歩んでいく必要があります。
ぜひFLAP YARDの活動をご覧いただき、ご理解とご支援をよろしくお願いします!

まずは施設をご覧ください

FLAP YARDの写真をご覧いただけます。障がいがあってもなくても、お子さんが心から楽しめる施設を目指して2016年11月足立区扇に建設しました。

地域住民・近隣教育機関の皆さんへ

FLAP YARDでは地域全体で子どもを支援できる開かれた事業所を目指しています。こちらでは統合保育や地域交流について紹介しています。統合保育とは、障がいのある子どもと、ない子どもが一緒に遊ぶという活動で、過去にご協力いただいた施設の皆さんのインタビューもご覧いただけます。

保護者の皆さんへ

0~18歳までの重症心身障がい児のお子さんがいらっしゃる保護者の方々に向けてFLAP YARDの活動内容・施設紹介をご覧いただけます。業種を越えた協働によって、ご家族全体を安定した日常へと導くことを目的に活動しています。支援のご相談もお気軽に。

一緒に働いてくださる皆さんへ

FLAP YARDの子ども支援の取り組みは、児童発達支援管理責任者・保育士・児童指導員・看護師・理学療法士・作業療法士・医師などさまざまな分野のプロが集まることで成り立っています。現在一緒に働いてくれる仲間を募集しています。資格取得支援もあります。お仕事説明会も随時開催中!

FLAP YARD BLOG

ブログ記事一覧を見る