すべての子どもに、平等な発達の機会を。
すべての家族に、平等な選択肢を。

歩くことや座ることが困難。想いを上手く表現出来ない――最重度の身体障がいと知的障がいを併せ持っている「重症心身障がい児」と呼ばれる子どもたちとその保護者、兄妹を支援するのが私たちの目的です。平成28年11月に新築した児童福祉施設「FLAP-YARD」にて、0~18歳までの子どもを対象とした通所事業、障がい児相談支援、居宅介護事業を運営しています。重症心身障がい児の存在は、専門家ですら深く知る人が少なく、社会的な認知度も十分ではありません。全国で43,000人と言われる彼、彼女らの幼少期、青年期は家族と限られた専門家との関わりしか許されません。「子どもは子どもの中で育つ」という、与えられるべき当然の権利が守られていないのです。 だからこそ私たちは、障がいのない子どもたちとの関係づくりを大切に、重い障がいがあっても、皆の中にいる。それが普通と言われる社会をつくります。また、両親や兄妹の生活も、就学、進学、就労において、自由な選択肢は保証されていません。重症心身障がい児の多くは、痰の吸引や経管栄養などの医療的ケアを必要としています。特別支援学校などでは、子どもが単独で通えず、家族の生活も大きな影響を受けます。誰にも縛られない放課後を子どもたちに。そして、その家族にとっても、自身の時間を大切に持ってもらえる支援を心掛けています。

募集職種&インタビュー

福祉系職員(児童発達支援)
平山さん

福祉系職員(放課後等デイサービス)
西野さん

看護職員
吉田さん

ホームヘルパー
並木さん

リハ職員
未定

NPO法人SDJについてよく知ろう

働く環境をのぞいてみよう

勤務地

東京都足立区扇1-44-15 FLAP YARD