療育室つばさ

放課後等デイサービス事業

療育室つばさはNPO法人ソーシャルデベロップメントジャパンが運営する施設「FLAP YARD」の中にある、7~18歳までの重症心身障がい児を対象にした放課後等デイサービスです。
1日の定員は5名で、1日の定員は5名で、食事・おやつの提供、各学校及びご自宅までの送迎付きで保護者の方が安心して就労・休養していただけるよう、個別対応でスタッフがしっかりとケアします。活動時間は平日14:00〜18:00、休日及び休校日9:00~16:00です。
同じ施設内にて0〜6歳児の児童発達支援事業を展開しているため、0〜18歳までお子さんを一貫してケアできるのが、FLAP YARDの大きな特徴になります。
相談支援事業を行う「相談室とまりぎ」もFLAP YARD内に併設していますので、ご利用の相談や見学はお気軽にお問い合わせください。

放課後等デイサービス事業に対する考え

私たちFLAP YARDでは、ただお子さんをお預かりするだけではなく、青年期へと移行する段階において、実年齢・発達年齢に応じた社会性豊かな人格が形成されるような活動内容と環境を設定しています。ひとりひとりじっくりと対応するため、1日5名の定員があり、以前より通園を希望される全てのお子さんを受け入れるのが難しい状況が続いています。せめてご相談に乗ることで保護者の方のご負担を減らしたい、空きが出た場合のご連絡が出来るよう、移転にあたり相談室とまりぎを併設しました。ぜひ一度見学・ご相談にお越しください。

ご利用までの流れ

ご利用にあたっては、まず「利用計画の作成」が必要となります。民間の相談支援事業者、または区役所化福祉事務所にて、ご家庭の希望を伝えながら作成してください。FLAP YARD内の「相談室とまりぎ」でもご相談が可能です。
計画作成後、区役所や福祉事務所で手続きを行うことで、受給者決定を受けることができます。FLAP YARDにて児童発達支援管理責任者と保護者の方、必要に応じて関係機関職員を交えて支援内容を決定して「個別支援計画」を作成して、通園開始となります。
※ ご利用料金に関しての詳細はお問い合わせください。