こんにちは、FLAP-YARDです。

私たちの求人に興味を持ってくださってありがとうございます。FLAP-YARD ( フラップヤード ) はNPO法人ソーシャルデベロップメントジャパンが運営する重症心身障がい児とその家族を支援する施設です。

東京都足立区の静かな住宅地で、0~18歳までの重症心身障がい児の通園事業「療育室つばさ」、障がい児相談支援事業「相談室とまりぎ」、居宅介護事業「訪問室JUMP」を運営しています。

保育、福祉、看護、リハビリテーションの専門家を配置して、重度の障がいを持った子どもたちへのコミュニケーション支援、社会性支援を実践するのはもちろん、兄弟や両親をはじめとした重症心身障がい児のご家族の生活に寄り添うことで、誰一人として取り残されることのない地域社会を創っています。

今回は、保育士または児童指導員の資格をお持ちの方を新しくFLAP-YARDの仲間に迎えるための「選考会」を実施します。ぜひ奮ってご参加ください。

FLAP-YARDのお仕事とは?

重心児支援において、私たちが提供する「療育」に欠かせない要素とは、

『遊び』『家族支援』『地域福祉』の3本柱です。 

手足を動かすことが難しかったり、医療ケアが必要だったりというお子さんと向き合って、ご家族の苦労が、成長を楽しみにするようになるよう、あらゆる『育ち』を計画化する。子ども自身の発達、ご家族への支援、地域福祉、全領域において計画を立て、実践化する。そして、豊かな地域で障がいのある子どもとない子どもが一緒に育てる社会を創っていく。

すべてに於いて大切なのは「計画」です。療育の世界にはマニュアルがありません。それが上記の3本柱に合致して成果が出ると思えば、障がいを持つお子さんを馬に乗せたって良いんです。計画を立てる立案能力、それは企画力・文章力と密接に結びついています。FLAP-YARDでは、新しい療育の「カタチ」を企画立案して、実行してくれる仲間を求めています。

あなたの企画、実現します!

そこで、FLAP-YARDでは新しい仲間を募集するにあたって、採用選考会を開催することにしました。

当日は「あなたが叶えたい夢」というテーマで論文を書いていただきます。障がい児療育の経験や実現性は問いませんので、FLAP-YARDという重心児支援に特化した空間で実現したい夢、こんな療育はどうかという企画案を自由に文字で表現してください。遊び、家族支援、地域福祉どの領域でもテーマにしてOKです。

採用に至った場合、あなたの夢を私たちが全力でサポートして実現させます!みなさんの挑戦、お問い合わせをスタッフ一同お待ちしています!