相談室とまりぎ

障がい児相談支援事業

相談室とまりぎはNPO法人ソーシャルデベロップメントジャパンが運営する施設「FLAP YARD」の中にある、0~18歳までの障がい児を対象にした相談支援事業です。
0〜18歳までの障がい児に対し、相談支援専門員が福祉サービス利用計画を作成します。
お子さまの成長やご家族、ご兄弟の状況等に合わせ、適切なサービスを受けられる社会資源をご紹介します。計画作成後も利用中のサービス提供事業者及び関係機関と連携を取り、随時お子さまとご家族の状態とご希望に沿ったサービス内容であるかを見直します。
障がい児支援利用計画作成後は、同じFLAP YARD内にある0〜6歳までの重症心身障がい児対象の児童発達支援事業や7〜18歳までの重症心身障がい児対象の放課後などデイサービス事業を行う「療育室つばさ」の利用が可能な場合もありますので(空き状況により)まずはお気軽に相談室とまりぎまでお越しください。

ご利用までの流れ

相談支援専門員が常駐していますので、まずはお電話・メールなどでご連絡の上、お気軽にFLAP YARDをお訪ねください。

相談室とまりぎ内観

FLAP YARDは障がいの有無に関わらず、幅広い子どもが楽しめるオープンな空間として作られていますが、相談室はプライバシーにも配慮した小じんまりとしたお部屋です。壁と観葉植物のグリーンと木目のテーブルで、落ち着いてじっくりとご相談いただけます。